岸本知弘

2020.05.30

第83号「新しい診療様式」

歯科に対する想いはデカく、態度もデカいが見た目もデカくなりつつある、そんな岸本知弘が身の引き締まる思いで綴る徒然。
今回も最後までお付き合いいただきますよう宜しくお願い致します。
----------
4月に緊急事態宣言が発令され、日本中の、世界中の、経済活動をはじめ様々な動きが「自粛」という名の下に抑圧制限されました。
GW期間中の高速道路で発生した渋滞は期間を通して全国見渡しても0件だったそうです。
こんなことは今までもこれからも、もう無いでしょう。
5月末に日本国内からは緊急事態宣言は解除されましたが、感染症は治まったと思っても第2波第3波が起こり得ますので、引き続き備え続ける必要があります。
それにしても、今回の一連で、日本人はつくづく真面目な民族だなぁと再認識しました。
強制力が無い政府の「お願い」によって多くの企業が自主的に自粛行動しました。
不平不満を口にする人は大勢いますが暴動は起こっていません。
これは、常日頃から相手を思いやる文化を持ち合わせているからだと感じます。
「不要不急の外出は避けるように」との国の要請に、国民は応え続けました。
駄菓子菓子!(歯科医師が敢えて駄菓子と菓子を併記しているところがミソです (笑))
何を持って不要不急とするかは考えどころで、殊歯科医療分野においては、必要な治療やケアを怠ると高齢者は食べ物をうまくかめなくなったり、歯周病の人は肺や血管に細菌が入り、肺炎を引き起こすなど、体全体の健康に悪影響が出る可能性があります。
今まで人工透析をして命を維持し続けていたヒトが人工透析を中止すれば死に至ります。
定期的に続けていく、とはそういうことでして、今まで定期的に歯周病管理することで口腔内の健康が維持できていたとするなら、その管理は中断してはいけません。
今回の件で国民は、感染について考え、健康に対する意識が須く向上したと思います。
これからは今までとは違った「新しい生活様式」が始まります。
それに伴って、医療機関へのかかり方も新しくなるでしょう。
神奈川県歯科医師会は7つのお願いを提唱しています。
1,マスクをしてください
2.手を洗ってください
3,無理をせず家で休んでください
4,うがい、歯磨きをしてください
5,むし歯を放っておかないでください
6,メンテナンスは継続してください
7,かかりつけ歯科医に相談してください
そして8番目として「感謝とエールを送れる社会であって欲しい」としています。
新型コロナウイルスは 「正しく恐れて」 健康で豊かな生活を取り戻しましょう!
余談として、免疫力を高めることは、万一感染しても重症化させないためにとても大切です。
日々微笑み、声を出して笑い、免疫力を高めましょう。

診療カレンダー

診療日

○ ○ - ○ ○ ○ -
診療時間
10:00-13:00/14:30-18:30
休診日
水曜、日曜、祝祭日
※診療日時は予告なく変更される場合があります。