岸本知弘

第87号「この町いちばん」

歯科に対する想いはデカく、態度もデカいが見た目もデカくなりつつある、そんな岸本知弘が身の引き締まる思いで綴る徒然。
今回も最後までお付き合いいただきますよう宜しくお願い致します。
----------
私はAppleが好きです。正確にはスティーブ・ジョブズが好きです。もっと言うなれば、スティーブ・ジョブズの生き様が好きです。
私はHONDAが好きです。正確には本田宗一郎が好きです。もっと言うなれば、本田宗一郎の生き様が好きです。
そんなわけで、パソコンはAppleを好んで使い、車はHONDAを好んで乗ります。
そんな「トヨタよりホンダが好き」な私ですが、情報収取のためならメーカーはいとわない!
という訳で、今、トヨタイムズが凄く気になっていまして・・・
米政財界の有識者たちが参加する「The Economic Club of Washington, D.C.」のイベントにゲストスピーカーとして招かれたトヨタ自動車社長の豊田氏と同クラブの会長であるルーベンステイン氏とのQ&Aセッションの様子(2019/03/19)をYouTubeで拝聴しました。
このYouTubeは非常に興味深いのでお時間がありましたらぜひ一度観ていただきたい。

ヨトタイムズ「NSIDE TOYOTA #17 【Q&A】豊田への37の質問」
https://www.youtube.com/watch?v=fOg_j583JaU
(以下は元ネタのページです。臨場感も含めて感じていただくならコチラ!16分30秒以降から)
https://www.economicclub.org/events/akio-toyoda

この対談の後半で、豊田章男社長は歯科を例えに自社の話題に触れます。
「世界で一番の歯医者さん、アメリカで一番の歯医者さん、この町で一番の歯医者さん、とあったときに、皆さん【この町で一番の歯医者さん】を選ばれます。この町一番として地域に評価されることが大切です。トヨタは進出している全ての地域で【その町いちばん】【その町から必要とされる】自動車メーカーになろうと努力しています」
こういった努力の仕方はとても大切だと痛烈に共感致しました。
郡市区歯科医師会、都道府県歯科医師会、日本歯科医師会。
日本の歯科医師会は三層構造で成り立っていますが、言うまでも無く一番大切なのは自身の所在地である地区歯科医師会であり、地元意識です。
地元から広がる話はありますが、地元をないがしろにした話はありません。
私も京都市北歯科医師会、京都府歯科医師会、日本歯科医師会の一員として、歯科医師会が地域から必要とされる職域団体であり続けるために、まずは自院から発信していくことが何よりも大切と考えます。今回のコロナ禍でそのことを痛感しています。

時代がどうなっていくかは、その時代を生きる当事者には分かりません。
何年も経ってから次世代の者が「あの時はこうだった」と評価するに過ぎないのですが、当事者にはその時代を【生み出すこと】が出来ます。
国民の健康に対する意識、関わり方が大きく変わろうとしている今、大切なのはその原点です。
価値観は変えることができます。
疾病治療は大切ですが、病気にならないようにする予防行動はもっと大切です。
多くの歯科疾患は予防できます。そのことに気づき、行動を起こすだけで予防ができます。

診療カレンダー

診療日

○ ○ - ○ ○ ○ -
診療時間
10:00-13:00/14:30-18:30
休診日
水曜、日曜、祝祭日
※診療日時は予告なく変更される場合があります。