岸本知弘

2014.04.11

第10号「断捨離して新しい風を入れる」

歯科に対する想いはデカく、態度もデカいが見た目もデカくなりつつある、そんな岸本知弘が身の引き締まる思いで綴る徒然。

今回も最後までお付き合いいただきますよう宜しくお願い致します。

ーーーーーーーーーーー
平成26年度が始まりました。
桜が咲き「新学期が始まった!」という声を聞くようになると、心機一転「頑張ろう!」という気持ちになります。
春は別れの季節でもあれば出会いの季節でもあるのです。
若かりし頃に出会った師匠に
「1年間使わなかった連絡先は消してしまって問題なし! 消さないと新しいのが入ってこない」
と教えてもらいました。今でいう断捨離ですな。
これがなかなか実行し難く、開業して尚更
「ひょっとしたら必要になるかも」
などと思うと、結局消去する連絡先など何処にも無い、なんてことになります。
実際、私が携帯番号を変更した際、この断捨離には随分と悩みました。
でも、実際は相手も同じようなことでして、私の変更された連絡先を相手に伝えなければ、相手はずっと私の旧来の連絡先を今も繋がると思って(かといって連絡することもなく) 所有し続けることになります。
繋がらない連絡先って、無意味ですよね。
今を生きる私達にとって、生きた情報こそが大切です。
ちょっと疎遠になってたけれど自分にとって大切な人、そんな人に「ひさしぶり!」って連絡してみるのも、自分の中に少し新しい風が入り込んで新鮮ですよ!
人との繋がりは常にリフレッシュして「待つ」ではなく「出向く」感じで行きたいです。
一生懸命勉強してる人ほど、時代が何処に向いてるか肌で感じることができます。
季節の変わり目は自分を見つめ直す良いきっかけでもあります。
信じるモノがある人は、その道を諦めずにコツコツと続けていると→運命の出会いがある、かも知れません。(笑)
そして、この道はちょっと違うぞ、と感じたならば→勇気を持って自分の縄張りから出てみましょう!
世界は案外広いんです。

京都府知事選挙も終わり山田啓二氏が4期目当選を果たされました。
「大安心の京都」を提唱されている中、私たち歯科から出来ることは何があるでしょうか?
give and take と申します。
まず自らが与える。
そこからでないと与えてもらうことは無いのです。
そして、大切なモノはちゃんと受け取りましょう!
give and take, and catch!
まず大切なのは、ちゃんと連絡が取り合える人間関係でしょうね。
今年度もどうぞ宜しくお願い致します。

診療カレンダー

診療日

○ ○ - ○ ○ ○ -
診療時間
10:00-13:00/14:30-18:30
休診日
水曜、日曜、祝祭日
※診療日時は予告なく変更される場合があります。